フリーターの就活方法はこれ

フリーターの就活方法はこれ

フリーターの就活方法

フリーターとは学校を卒業した後に就職して正社員にはならず、アルバイトだけで生計を立てている人の事を言います。最大のメリットは時間や働き方が自由なので、お休みも好きな時に取りやすく、将来何か目標があって勉強したり資格を取る準備をしている人には向いている働き方です。しかし正社員とフリーターでは社会的信用や生涯年収が大きく変わってきます。フリーターから正社員で働こうと思ったら、少しでも早く就活を始めましょう。資格も経験もなく年齢が上がれば上がるほど正社員への道は厳しくなります。まずはしっかりとした履歴書の準備から始めましょう。新卒での就職よりもフリーターの期間が長くある場合 面接官はその人の年齢やスキル 今までの経験や人間性をチェックします。しっかりと自己分析をして受け答えできる事が重要なポイントになります。そして次に大切なのが求人を探す方法です。まずは求人雑誌やハローワークで求人を探す事が一番やりやすい方法です。しかし若い場合は未経験でも数多くの求人がありますが、年齢が上がると狭き門になってきます。ひとつの求人に多くの人がエントリーするため書類で落とされる可能性も高くなります。最近では就職支援サービスもいくつか出てきているので、そのようなものを利用して就活してみてはいかがでしょうか。

フリーターが正社員になるための仕事の探し方

昔に比べ、今では正社員として働くのは難しいとされています。それは新卒でも中途でも同じです。不景気となった現代ではお金の巡りが悪いため、どこの企業もなるべく少人数で仕事をこなし、なんとか利益を出そうと動いています。そうすることで人件費を削ることができる反面在籍社員にばかり負担がかかるため、サービス残業が当たり前・賞与なし・労働時間超過などの「ブラック企業」が増えています。正社員で採用されたとしても、1人にかかる仕事量・負担は大きく、続けるのは無理だと判断してどんどん退職していきます。そのため現代の社会では離職率も高く、定着率が低い傾向にあるのです。そのため様々なジャンルの職種が求人広告を出しています。本来は資格がなければできない仕事も未経験で採用される場合も多いのです。そのためフリーターであった人にも選び幅が広く、採用率も比較的高いのです。フリーターである人は自分に自信が持てず正社員を諦めてしまう人が多い傾向にあります。しかし不景気な現代だからこそチャンスはたくさんあるのです。魅力的な条件ばかりを出すブラック企業もたくさんありますが、しっかり見極めて応募すれば採用される可能性は高いのです。

就職支援サービスがおすすめの理由

フリーターとして長く仕事を続けていると、どのような会社に就職すれば良いのか悩むようになります。自分がやりたいことや、できることなどが入り交じって判断がつかなくなるわけです。そのような時には、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。その理由としては、本人すらも分からないようなやり甲斐のある仕事を探し出してくれるからです。やり甲斐のある仕事とは、単に興味を持つものだけではないものです。取り組んでいて手応えを感じるもの、自分が成長していることを実感できるものなどが該当するわけです。けれども自分1人ではどのような仕事がそれに相当するのかが分からないものです。けれども就職支援サービスを利用することで、まずフリーターとして活動してきた経験から、どんなスキルが身についているのかを分析してくれます。携わってきた作業内容と期間から、本人も意識していないような技能が身についている場合があります。そして長く続けた作業の中で、どんなことにやり甲斐を感じたのかによって、それに類するものをピックアップしてくれます。そのようにして得た分析結果から、その技能や経験を必要とする会社を探して紹介してくれることになります。